• Japan

フィンガープリント 大学総合研究センターが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    真由美の写真なし阿部

    阿部 真由美

    人物: Academic

    健の写真なし遠藤

    遠藤 健

    人物: Academic

    順の写真なし札野

    札野 順

    人物: Academic

    20102020

    研究成果

    Toward global standardization of conducting fair investigations of allegations of research misconduct

    Nouchi, R., Aihara, H., Arie, F., Asashima, M., Daida, H., Fudano, J., Fujiwara, Y., Fushiki, S., Geller, R. J., Hatano, K., Homma, T., Kimura, M., Kuroki, T., Miki, K., Morita, I., Nitta, K., Shinohara, A., Siomi, M. C., Yoshida, M. & Ichikawa, I., 2020 8 17, : : Accountability in Research. 27, 6, p. 327-346 20 p.

    研究成果: Article

    公開
  • New leadership education and deep active learning

    Higano, M., 2017 9 12, Deep Active Learning: Toward Greater Depth in University Education. Springer Singapore, p. 207-220 14 p.

    研究成果: Chapter

    Investigating co-occurrence patterns of learners' grammatical errors across proficiency levels and essay topics based on association analysis

    Ishii, Y., 2016 10 14, Data Mining And Learning Analytics: Applications in Educational Research. Wiley-Blackwell, p. 157-171 15 p.

    研究成果: Chapter