大学院

  • Japan

フィンガープリント 大学院が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    宏二の写真なし相葉

    相葉 宏二

    人物: Academic

    弓映の写真なし相川

    相川 弓映

    人物: Academic

    賢一の写真なし秋葉

    秋葉 賢一

    人物: Academic

    研究成果

    Nanaomycin K, a new epithelial–mesenchymal transition inhibitor produced by the actinomycete “Streptomyces rosa subsp. notoensis” OS-3966

    Matsuo, H., Nakanishi, J., Noguchi, Y., Kitagawa, K., Shigemura, K., Sunazuka, T., Takahashi, Y., Ōmura, S. & Nakashima, T., 2020 3, : : Journal of Bioscience and Bioengineering. 129, 3, p. 291-295 5 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • Research on improvement of information platform for local tourism by paragraph vector

    Tsuchiya, T., Hirose, H., Miyosawa, T., Yamada, T., Sawano, H. & Koyanagi, K., 2020 1 1, Studies in Computational Intelligence. Springer Verlag, p. 115-121 7 p. (Studies in Computational Intelligence; 巻数 819).

    研究成果: Chapter