文化構想学部

  • Japan

フィンガープリント 文化構想学部が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    久美の写真なし阿比留

    阿比留 久美

    人物: Academic

    文人の写真なし安藤

    安藤 文人

    人物: Academic

    エドワード ケイの写真なしチャン

    チャン エドワード ケイ

    人物: Academic

    20052020

    研究成果

    Alife as a tool for cooperative society between people and machines

    Oka, M., Chen, D., Aoki, R. & Ikegami, T., 2020, p. 103-104. 2 p.

    研究成果: Paper

  • Dichotomous thinking and cognitive ability

    Mieda, T., Taku, K. & Oshio, A., 2020, (Accepted/In press) : : Personality and Individual Differences. 110008.

    研究成果: Article

  • NukaBot: Research and design of a human-microbe interaction model

    Chen, D., Ogura, H. & Seong, Y. A., 2020, p. 48-49. 2 p.

    研究成果: Paper