国際教養学部

  • Japan

フィンガープリント 国際教養学部が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    丈志の写真なし秋葉

    秋葉 丈志

    人物: Academic

    享志の写真なし麻生

    麻生 享志

    人物: Academic

    20032003
    絵里香の写真なし畔上

    畔上 絵里香

    人物: Academic

    研究成果

    A quantitative easing experiment

    Penalver, A., Hanaki, N., Akiyama, E., Funaki, Y. & Ishikawa, R., 2020 10, : : Journal of Economic Dynamics and Control. 119, 103978.

    研究成果: Article

  • Editorial note

    Sidoli, N. & Siegmund-Schultze, R., 2020 2, : : Historia Mathematica. 50, 1 p.

    研究成果: Editorial

    公開

    Geometric-Like Processes: An Overview and Some Reliability Applications

    Arnold, R., Chukova, S., Hayakawa, Y. & Marshall, S., 2020 9, : : Reliability Engineering and System Safety. 201, 106990.

    研究成果: Review article