• 798 引用
  • 12 h指数
19992020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Carina Hanashimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Transcription and Beyond: Delineating FOXG1 Function in Cortical Development and Disorders

Hou, P. S., hAilín, D., Vogel, T. & Hanashima, C., 2020 2 25, : : Frontiers in Cellular Neuroscience. 14, 35.

研究成果: Review article

公開
  • RECK in Neural Precursor Cells Plays a Critical Role in Mouse Forebrain Angiogenesis

    Li, H., Miki, T., Almeida, G. M. D., Hanashima, C., Matsuzaki, T., Kuo, C. J., Watanabe, N. & Noda, M., 2019 9 27, : : iScience. 19, p. 559-571 13 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)
    公開
  • 2 引用 (Scopus)
  • 5 引用 (Scopus)

    A sensitive and versatile in situ hybridization protocol for gene expression analysis in developing amniote brains

    Hou, P. S., Kumamoto, T. & Hanashima, C., 2017, Methods in Molecular Biology. Humana Press Inc., 巻 1650. p. 319-334 16 p. (Methods in Molecular Biology; 巻数 1650).

    研究成果: Chapter

  • 1 引用 (Scopus)