• 1222 引用
  • 18 h指数
1985 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Daisuke Takahashiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1222 引用
  • 18 h指数
  • 38 Article
  • 1 Conference contribution

Max-plus generalization of Conway’s game of life

Sakata, K., Tanaka, Y. & Takahashi, D., 2020, : : Complex Systems. 29, 1, p. 63-76 14 p.

研究成果: Article

FANCI-FANCD2 stabilizes the RAD51-DNA complex by binding RAD51 and protects the 5'-DNA end

Sato, K., Shimomuki, M., Katsuki, Y., Takahashi, D., Kobayashi, W., Ishiai, M., Miyoshi, H., Takata, M. & Kurumizaka, H., 2016 12 1, : : Nucleic Acids Research. 44, 22, p. 10758-10771 14 p.

研究成果: Article

  • 19 引用 (Scopus)

    Human FAN1 promotes strand incision in 5′-flapped DNA complexed with RPA

    Takahashi, D., Sato, K., Hirayama, E., Takata, M. & Kurumizaka, H., 2015, : : Journal of biochemistry. 158, 3, p. 263-270 8 p.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)

    Expression and purification of human FANCI and FANCD2 using Escherichia coli cells

    Takahashi, D., Sato, K., Shimomuki, M., Takata, M. & Kurumizaka, H., 2014 11, : : Protein Expression and Purification. 103, p. 8-15 8 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    On solutions to evolution equations defined by lattice operators

    Ikegami, T., Takahashi, D. & Matsukidaira, J., 2014 2, : : Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics. 31, 1, p. 211-230 20 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)