• 5 引用
  • 1 h指数
20082008

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hisatoshi Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

研究成果

  • 5 引用
  • 1 h指数
  • 1 Article

Understanding regression versus variance tests for social interactions

Durlauf, S. N. & Tanaka, H., 2008 1 1, : : Economic Inquiry. 46, 1, p. 25-28 4 p.

研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)