武藤 慶

講師(任期付)

  • 2176 引用
  • 17 h指数
20112020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kei Mutoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2176 引用
  • 17 h指数
  • 31 Article
  • 6 Review article

Catalytic Deoxygenative Coupling of Aromatic Esters with Organophosphorus Compounds

Kurosawa, M. B., Isshiki, R., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2020 4 22, : : Journal of the American Chemical Society. 142, 16, p. 7386-7392 7 p.

研究成果: Article

  • Dearomative Allylation of Naphthyl Cyanohydrins by Palladium Catalysis: Catalyst-Enhanced Site Selectivity

    Yanagimoto, A., Komatsuda, M., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2020 5 1, : : Organic Letters. 22, 9, p. 3423-3427 5 p.

    研究成果: Article

  • Ester Transfer Reaction of Aromatic Esters with Haloarenes and Arenols by a Nickel Catalyst

    Isshiki, R., Inayama, N., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2020 3 6, : : ACS Catalysis. 10, 5, p. 3490-3494 5 p.

    研究成果: Article

  • Palladium-Catalyzed Mizoroki-Heck Reaction of Nitroarenes and Styrene Derivatives

    Okita, T., Asahara, K. K., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2020 4 17, : : Organic Letters. 22, 8, p. 3205-3208 4 p.

    研究成果: Article

  • Pd-catalyzed C4-Dearomative Allylation of Benzyl Ammoniums with Allyltributylstannane

    Kayashima, Y., Komatsuda, M., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2020 7, : : Chemistry Letters. 49, 7, p. 836-839 4 p.

    研究成果: Article

    公開