武藤 慶

講師(任期付)

  • 2103 引用
  • 17 h指数
20112019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kei Mutoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2103 引用
  • 17 h指数
  • 25 Article
  • 6 Review article

Pd-Catalyzed Dearomative Three-Component Reaction of Bromoarenes with Diazo Compounds and Allylborates

Komatsuda, M., Kato, H., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2019 1 1, : : ACS Catalysis. 9, 10, p. 8991-8995 5 p.

研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    Pd-Catalyzed Denitrative Intramolecular C-H Arylation

    Asahara, K. K., Okita, T., Saito, A. N., Muto, K., Nakao, Y. & Yamaguchi, J., 2019 6 21, : : Organic Letters. 21, 12, p. 4721-4724 4 p.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    Decarbonylative aryl thioether synthesis by Ni catalysis

    Ishitobi, K., Isshiki, R., Asahara, K. K., Lim, C., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2018 1 1, : : Chemistry Letters. 47, 6, p. 756-759 4 p.

    研究成果: Article

  • 9 引用 (Scopus)

    Decarbonylative coupling reaction of aromatic esters

    Isshiki, R., Okita, T., Muto, K. & Yamaguchi, J., 2018 1 1, : : Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry. 76, 4, p. 300-314 15 p.

    研究成果: Review article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 33 引用 (Scopus)