• 109 引用
  • 7 h指数
1981 …2017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Koichi Negayamaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

研究成果

  • 109 引用
  • 7 h指数
  • 13 Article
  • 1 Conference article
  • 1 Review article
  • 1 引用 (Scopus)

    Embodied intersubjective engagement in mother-infant tactile communication: A cross-cultural study of Japanese and Scottish mother-infant behaviors during infant pick-up

    Negayama, K., Delafield-Butt, J. T., Momose, K., Ishijima, K., Kawahara, N., Lux, E. J., Murphy, A. & Kaliarntas, K., 2015 1 1, : : Frontiers in Psychology. 6, FEB, 66.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)

    Group resilience in incidents of varying degrees of danger and frequency

    Ozeki, M., Yonezawa, K. & Negayama, K., 2015, : : Research in Social Psychology. 31, 1, p. 13-24 12 p.

    研究成果: Article

  • Japan-France-US comparison of infant weaning from mother's viewpoint

    Negayama, K., Norimatsu, H., Barratt, M. & Bouville, J. F., 2012 2 1, : : Journal of Reproductive and Infant Psychology. 30, 1, p. 77-91 15 p.

    研究成果: Article

  • 10 引用 (Scopus)
  • 4 引用 (Scopus)