町田 光史

次席研究員(研究院講師)

  • 16 引用
  • 2 h指数
20142020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Koshi MacHidaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 16 引用
  • 2 h指数
  • 4 Article
  • Sameuramide A, a new cyclic depsipeptide isolated from an ascidian of the family Didemnidae

    MacHida, K., Arai, D., Katsumata, R., Otsuka, S., Yamashita, J. K., Ye, T., Tang, S., Fusetani, N. & Nakao, Y., 2018 7 30, : : Bioorganic and Medicinal Chemistry. 26, 13, p. 3852-3857 6 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)

    Dolabellol A, a new halogenated diterpene isolated from the opisthobranch dolabella auricularia

    MacHida, K., Matsumoto, T., Fusetani, N. & Nakao, Y., 2017, : : Chemistry Letters. 46, 11, p. 1676-1678 3 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Cinanthrenol A, an estrogenic steroid containing phenanthrene nucleus, from a marine sponge cinachyrella sp.

    Machida, K., Abe, T., Arai, D., Okamoto, M., Shimizu, I., De Voogd, N. J., Fusetani, N. & Nakao, Y., 2014 3 21, : : Organic Letters. 16, 6, p. 1539-1541 3 p.

    研究成果: Article

  • 11 引用 (Scopus)