大屋 優

次席研究員(研究院講師)

  • 104 引用
  • 4 h指数
20152018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaru Oyaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 104 引用
  • 4 h指数
  • 6 Conference contribution
  • 3 Article

Hardware Trojan detection and classification based on steady state learning

Oya, M., Yanagisawa, M. & Togawa, N., 2017 9 19, 2017 IEEE 23rd International Symposium on On-Line Testing and Robust System Design, IOLTS 2017. Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., p. 215-220 6 p. 8046225

研究成果: Conference contribution

  • 1 引用 (Scopus)

    Hardware Trojans classification for gate-level netlists based on machine learning

    Hasegawa, K., Oya, M., Yanagisawa, M. & Togawa, N., 2016 10 20, 2016 IEEE 22nd International Symposium on On-Line Testing and Robust System Design, IOLTS 2016. Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., p. 203-206 4 p. 7604700

    研究成果: Conference contribution

  • 31 引用 (Scopus)
  • 7 引用 (Scopus)

    In-situ Trojan authentication for invalidating hardware-Trojan functions

    Oya, M., Shi, Y., Yanagisawa, M. & Togawa, N., 2016 5 25, Proceedings of the 17th International Symposium on Quality Electronic Design, ISQED 2016. IEEE Computer Society, 巻 2016-May. p. 152-157 6 p. 7479192

    研究成果: Conference contribution

  • 4 引用 (Scopus)