• 1163 引用
  • 15 h指数
20032020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Michiaki Hamadaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

公開
  • Nucleosome destabilization by nuclear non-coding RNAs

    Fujita, R., Yamamoto, T., Arimura, Y., Fujiwara, S., Tachiwana, H., Ichikawa, Y., Sakata, Y., Yang, L., Maruyama, R., Hamada, M., Nakao, M., Saitoh, N. & Kurumizaka, H., 2020 12 1, : : Communications Biology. 3, 1, 60.

    研究成果: Article

    公開
  • Revealing the microbial assemblage structure in the human gut microbiome using latent Dirichlet allocation

    Hosoda, S., Nishijima, S., Fukunaga, T., Hattori, M. & Hamada, M., 2020 6 23, : : Microbiome. 8, 1, 1 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Targeting the TR4 nuclear receptor-mediated lncTASR/AXL signaling with tretinoin increases the sunitinib sensitivity to better suppress the RCC progression

    Shi, H., Sun, Y., He, M., Yang, X., Hamada, M., Fukunaga, T., Zhang, X. & Chang, C., 2020 1 16, : : Oncogene. 39, 3, p. 530-545 16 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Discovering novel mutation signatures by latent Dirichlet allocation with variational Bayes inference

    Matsutani, T., Ueno, Y., Fukunaga, T. & Hamada, M., 2019 11 1, : : Bioinformatics. 35, 22, p. 4543-4552 10 p.

    研究成果: Article

    公開