• 322 引用
  • 12 h指数
19992020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Michiko Uedaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 322 引用
  • 12 h指数
  • 28 Article

Assessing the quality of media reporting of suicide deaths in Bangladesh against world health organization guidelines

Yasir Arafat, S. M., Khan, M. M., Niederkrotenthaler, T., Ueda, M. & Armstrong, G., 2020 1 1, : : Crisis. 41, 1, p. 47-53 7 p.

研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)

    Physical multimorbidity and suicidal behavior in the general population in the United States

    Stickley, A., Koyanagi, A., Ueda, M., Inoue, Y., Waldman, K. & Oh, H., 2020 1 1, : : Journal of Affective Disorders. 260, p. 604-609 6 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Age relative to school class peers and emotional well-being in 10-year-olds

    Ando, S., Usami, S., Matsubayashi, T., Ueda, M., Koike, S., Yamasaki, S., Fujikawa, S., Sasaki, T., Hiraiwa-Hasegawa, M., Patton, G., Kasai, K. & Nishida, A., 2019 3 1, : : PloS one. 14, 3, e0214359.

    研究成果: Article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Diurnal variation in suicide timing by age and gender: Evidence from Japan across 41 years

    Boo, J., Matsubayashi, T. & Ueda, M., 2019 1 15, : : Journal of Affective Disorders. 243, p. 366-374 9 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Suicide by persons with foreign background in Japan

    Ueda, M., Yoshikawa, K. & Matsubayashi, T., 2019 2 1, : : PLoS One. 14, 2, e0211867.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)