海老原 充

教授(任期付)

  • Professor(without tenure) 教授(任期付), 教育学部
  • 4265 引用
  • 33 h指数
1982 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Mitsuru Ebiharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • Determination of atmospheric radiocesium by analyzing filter-tapes used in automated suspended particulate matter monitors

    Oura, Y., Tsuruta, H., Ebihara, M., Ohara, T. & Nakajima, T., 2020, : : BUNSEKI KAGAKU. 69, 1.2, p. 1-9 9 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)
    公開
  • Reassessment of early 131I inhalation doses by the Fukushima nuclear accident based on atmospheric 137Cs and 131I/137Cs observation data and multi-ensemble of atmospheric transport and deposition models

    Takagi, M., Ohara, T., Goto, D., Morino, Y., Uchida, J., Sekiyama, T. T., Nakayama, S. F., Ebihara, M., Oura, Y., Nakajima, T., Tsuruta, H. & Moriguchi, Y., 2020 7, : : Journal of Environmental Radioactivity. 218, 106233.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)