• 82 引用
  • 5 h指数
19942018

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Munehiko Haradaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Host residents’ role in sporting events: The city image perspective

Oshimi, D. & Harada, M., 2018 1 1, (Accepted/In press) : : Sport Management Review.

研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)
  • 2 引用 (Scopus)
  • 9 引用 (Scopus)
  • 4 引用 (Scopus)

    Spectators’ points of attachment and their influence on behavioural intentions of women’s national football games

    Hallmann, K., Oshimi, D., Harada, M., Matsuoka, H. & Breuer, C., 2016 12 18, (Accepted/In press) : : Soccer and Society. p. 1-21 21 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)