• 743 引用
  • 17 h指数
1987 …2018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Nobuhiro Kanomataが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 743 引用
  • 17 h指数
  • 35 Article
  • 1 Review article

Elucidation of Racemization Process of Azaspirene Skeleton in Neutral Aqueous Media

Hirasawa, S., Mukai, K., Sakai, S., Wakamori, S., Hasegawa, T., Souma, K., Kanomata, N., Ogawa, N., Aizawa, M. & Emoto, M., 2018 12 7, : : Journal of Organic Chemistry. 83, 23, p. 14457-14464 8 p.

研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Azaspirene analogs inhibit the growth of human uterine carcinosarcoma in vitro and in vivo

    Emoto, M., Yano, K., Choijamts, B., Sakai, S., Hirasawa, S., Wakamori, S., Aizawa, M., Nabeshima, K., Tachibana, K. & Kanomata, N., 2015 5 1, : : Anticancer Research. 35, 5, p. 2739-2746 8 p.

    研究成果: Article

  • 8 引用 (Scopus)

    Genetic dissection of pheromone processing reveals main olfactory system-mediated social behaviors in mice

    Matsuo, T., Hattori, T., Asaba, A., Inoue, N., Kanomata, N., Kikusui, T., Kobayakaw, R. & Kobayakaw, K., 2015 1 20, : : Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 112, 3, p. E311-E320

    研究成果: Article

    公開
  • 37 引用 (Scopus)
  • 6 引用 (Scopus)

    Formal total synthesis of aspergillide A

    Izuchi, Y., Kanomata, N., Koshino, H., Hongo, Y., Nakata, T. & Takahashi, S., 2011 1 31, : : Tetrahedron Asymmetry. 22, 2, p. 246-251 6 p.

    研究成果: Article

  • 21 引用 (Scopus)