• 4626 引用
  • 30 h指数
1993 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Rieko Osuが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Plastic frontal pole cortex structure related to individual persistence for goal achievement

Hosoda, C., Tsujimoto, S., Tatekawa, M., Honda, M., Osu, R. & Hanakawa, T., 2020 12 1, : : Communications Biology. 3, 1, 194.

研究成果: Article

公開
  • Revealing Relationships Among Cognitive Functions Using Functional Connectivity and a Large-Scale Meta-Analysis Database

    Kurashige, H., Kaneko, J., Yamashita, Y., Osu, R., Otaka, Y., Hanakawa, T., Honda, M. & Kawabata, H., 2020 1 10, : : Frontiers in Human Neuroscience. 13, 457.

    研究成果: Article

    公開
  • Neuroanatomical basis of individuality in muscle tuning function: Neural correlates of muscle tuning

    Kita, K., Osu, R., Hosoda, C., Honda, M., Hanakawa, T. & Izawa, J., 2019 3 6, : : Frontiers in Behavioral Neuroscience. 13, 28.

    研究成果: Article

    公開
  • 公開