• 197 引用
  • 9 h指数
19992020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takeshi Ikedaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 197 引用
  • 9 h指数
  • 15 Article
  • 3 Paper
  • 1 Conference article

Double Grothendieck polynomials for symplectic and odd orthogonal Grassmannians

Hudson, T., Ikeda, T., Matsumura, T. & Naruse, H., 2020 3 15, : : Journal of Algebra. 546, p. 294-314 21 p.

研究成果: Article

  • Multiplicities of Schubert varieties in the symplectic flag variety

    Anderson, D., Ikeda, T., Jeon, M. & Kawago, R., 2019.

    研究成果: Paper

  • Degeneracy loci classes in K-theory — determinantal and Pfaffian formula

    Hudson, T., Ikeda, T., Matsumura, T. & Naruse, H., 2017 11 7, : : Advances in Mathematics. 320, p. 115-156 42 p.

    研究成果: Article

  • 13 引用 (Scopus)

    Factorial P- and Q-schur functions represent equivariant quantum schubert classes

    Ikeda, T., Mihalcea, L. C. & Naruse, H., 2016 7, : : Osaka Journal of Mathematics. 53, 3, p. 591-619 29 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)