比護 拓馬

講師(任期付)

  • 203 引用
  • 9 h指数
20132020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takuma Higoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 203 引用
  • 9 h指数
  • 27 Article

Agglomeration Suppression of a Fe-Supported Catalyst and its Utilization for Low-Temperature Ammonia Synthesis in an Electric Field

Sakai, R., Murakami, K., Mizutani, Y., Tanaka, Y., Hayashi, S., Ishikawa, A., Higo, T., Ogo, S., Tsuneki, H., Nakai, H. & Sekine, Y., 2020 3 31, : : ACS Omega. 5, 12, p. 6846-6851 6 p.

研究成果: Article

公開
  • Catalytic Dehydrogenation of Ethane over Doped Perovskite via the Mars-van Krevelen Mechanism

    Toko, K., Ito, K., Saito, H., Hosono, Y., Murakami, K., Misaki, S., Higo, T., Ogo, S., Tsuneki, H., Maeda, S., Hashimoto, K., Nakai, H. & Sekine, Y., 2020 5 14, : : Journal of Physical Chemistry C. 124, 19, p. 10462-10469 8 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Effects of metal cation doping in CeO2 support on catalytic methane steam reforming at low temperature in an electric field

    Takahashi, A., Inagaki, R., Torimoto, M., Hisai, Y., Matsuda, T., Ma, Q., Seo, J. G., Higo, T., Tsuneki, H., Ogo, S., Norby, T. & Sekine, Y., 2020 4 8, : : RSC Advances. 10, 25, p. 14487-14492 6 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)
    公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Key factor for the anti-Arrhenius low-temperature heterogeneous catalysis induced by H+ migration: H+ coverage over support

    Murakami, K., Tanaka, Y., Sakai, R., Hisai, Y., Hayashi, S., Mizutani, Y., Higo, T., Ogo, S., Seo, J. G., Tsuneki, H. & Sekine, Y., 2020 3 21, : : Chemical Communications. 56, 23, p. 3365-3368 4 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)