A new synthetic method to biaryls from arylzinc iodides using N-chloro-succinimide and a catalytic amount of palladium

K. M. Hossain, T. Shibata, K. Takagi*

*この研究の対応する著者

研究成果査読

18 被引用数 (Scopus)

抄録

Homo-coupling reactions of aryl- or alkynylzinc iodides were achieved by the use of N-chlorosuccinimide as an oxidant of zinc compounds in the presence of a catalytic amount of Pd.

本文言語English
ページ(範囲)1137-1138
ページ数2
ジャーナルSynlett
8
出版ステータスPublished - 2000 9 4
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 有機化学

フィンガープリント

「A new synthetic method to biaryls from arylzinc iodides using N-chloro-succinimide and a catalytic amount of palladium」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル