A novel route for polymerisation of thiophene based conducting polymers using trace-free oxidants

Jimy Hadiono So, David Mayevsky, Orawan Winther-Jensen, Bjorn Winther Jensen*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

8 被引用数 (Scopus)

抄録

We report for the first time the use of p-toluene sulphonic acid (PTSa) and other sulphonic acids as trace-free oxidants for polymerisation of poly (bi-) and (ter-) thiophene. Sulphur is reduced from the oxidation state +6 to +4, leaving only SO2 and an aromatic compound to evaporate during the polymerisation.

本文言語English
ページ(範囲)361-364
ページ数4
ジャーナルPolymer Chemistry
5
2
DOI
出版ステータスPublished - 2014 1 21
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • ポリマーおよびプラスチック
  • 有機化学
  • 生化学
  • 生体医工学
  • バイオエンジニアリング

フィンガープリント

「A novel route for polymerisation of thiophene based conducting polymers using trace-free oxidants」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル