An Inverse Homomorphic Characterization of Full Principal AFL

Takashi Yokomori*, Derick Wood

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

3 被引用数 (Scopus)

抄録

The main result of this paper is: Let L be a full principal AFL closed under context-free substitution. Then there is a fixed language l0 in L such that for each L in L there exist a weak coding h and a homomorphism g such that L = hg-1(L0). As a corollary, it immediately follows that there is a fixed ETOL language L0 such that for each ETOL language L there exist a weak coding h and a homomorphism g such that L = hg-1(L0).

本文言語English
ページ(範囲)209-215
ページ数7
ジャーナルInformation Sciences
33
3
DOI
出版ステータスPublished - 1984 9
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • ソフトウェア
  • 制御およびシステム工学
  • 理論的コンピュータサイエンス
  • コンピュータ サイエンスの応用
  • 情報システムおよび情報管理
  • 人工知能

フィンガープリント

「An Inverse Homomorphic Characterization of Full Principal AFL」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル