Anti-hyperglycemic activity of kiwifruit leaf (Actinidia deliciosa) in mice

Miyuki Shirosaki, Tomoyuki Koyama*, Kazunaga Yazawa

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

24 被引用数 (Scopus)

抄録

The methanol extract of kiwifruit leaf suppressed the postprandial blood glucose level after an oral administration of soluble starch or sucrose in mice. The mechanism of action is proposed to be due to the α-amylase-inhibiting activity in the 90% aqueous methanol fraction and α-glucosidase- inhibiting activity in the n-buthanol fraction, based on the results of in vitro experiments.

本文言語English
ページ(範囲)1099-1102
ページ数4
ジャーナルBioscience, Biotechnology and Biochemistry
72
4
DOI
出版ステータスPublished - 2008
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • バイオエンジニアリング
  • バイオテクノロジー
  • 生化学
  • 生化学、遺伝学、分子生物学(全般)
  • 化学(その他)
  • 応用微生物学とバイオテクノロジー
  • 食品科学

フィンガープリント

「Anti-hyperglycemic activity of kiwifruit leaf (Actinidia deliciosa) in mice」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル