Behavioral inclusion

Ryo Watanabe*, Kenko Uchida

*この研究の対応する著者

研究成果: Conference article査読

4 被引用数 (Scopus)

抄録

In this paper, we consider inclusion relation between a particular nonlinear system and a linear time-varying system from a behavioral point of view to found a basis of discussion on efficacy of linear robust control theory for actual nonlinear plants. For this purpose, we propose a notion of behavioral inclusion and basic technique for actual construction of the behavioral inclusion.

本文言語English
ページ(範囲)102-107
ページ数6
ジャーナルProceedings of the IEEE Conference on Decision and Control
1
出版ステータスPublished - 1999
外部発表はい
イベントThe 38th IEEE Conference on Decision and Control (CDC) - Phoenix, AZ, USA
継続期間: 1999 12 71999 12 10

ASJC Scopus subject areas

  • 制御およびシステム工学
  • モデリングとシミュレーション
  • 制御と最適化

フィンガープリント

「Behavioral inclusion」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル