Bilateral versus unilateral percutaneous high cervical cordotomy as a surgical method of pain relief.

K. Amano*, H. Kawamura, T. Tanikawa, H. Kawabatake, H. Iseki, Y. Iwata, T. Taira

*この研究の対応する著者

    研究成果: Article査読

    18 被引用数 (Scopus)

    フィンガープリント

    「Bilateral versus unilateral percutaneous high cervical cordotomy as a surgical method of pain relief.」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

    Medicine & Life Sciences