Catalytic Pauson - Khand-Type Reaction Using Aldehydes as a CO Source

Takanori Shibata*, Natsuko Toshida, Kentaro Takagi

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

155 被引用数 (Scopus)

抄録

(matrix presented) Rhodium complex-catalyzed carbonylative alkene-alkyne coupling proceeds using aldehydes as a CO source. Cinnamaldehyde is the best CO donor, and various cyclopentenones were provided in high isolated yields by a solvent-free system.

本文言語English
ページ(範囲)1619-1621
ページ数3
ジャーナルOrganic Letters
4
9
DOI
出版ステータスPublished - 2002 5 2
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 生化学
  • 物理化学および理論化学
  • 有機化学

フィンガープリント

「Catalytic Pauson - Khand-Type Reaction Using Aldehydes as a CO Source」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル