Comments on paratrooper-separation modeling with the DSD/SST formulation and FOIST

Tayfun E. Tezduyar*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

抄録

We provide a brief chronological background on the deforming-spatial-domain/stabilized space-time (DSD/SST) formulation, its use in aerodynamic modeling of a paratrooper separating from an aircraft, and the fluid-object interactions subcomputation technique (FOIST).

本文言語English
ページ(範囲)1068-1072
ページ数5
ジャーナルInternational Journal for Numerical Methods in Fluids
66
8
DOI
出版ステータスPublished - 2011 7月 20
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 計算力学
  • 材料力学
  • 機械工学
  • コンピュータ サイエンスの応用
  • 応用数学

フィンガープリント

「Comments on paratrooper-separation modeling with the DSD/SST formulation and FOIST」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル