Fuzzy discriminant analysis in fuzzy groups

Junzo Watada*, Hideo Tanaka, Kiyoji Asai

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

25 被引用数 (Scopus)

抄録

This paper deals with discriminant problems to classify samples with fuzzy multi-attribute into fuzzy groups. In this problem, the objective is to determine the linear discriminant function that provides the maximum separation of fuzzy groups in a real space. For this purpose, we define the fuzzy variance ratio and employ maximization of the fuzzy variance ratio as a criterion. Furthermore, a partial correlation coefficient in the fuzzy groups is defined to estimate the influence of each attribute itself on the discrimination between fuzzy groups.

本文言語English
ページ(範囲)261-271
ページ数11
ジャーナルFuzzy Sets and Systems
19
3
DOI
出版ステータスPublished - 1986
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 人工知能
  • コンピュータ サイエンスの応用
  • コンピュータ ビジョンおよびパターン認識
  • 情報システムおよび情報管理
  • 統計学、確率および不確実性
  • 電子工学および電気工学
  • 統計学および確率

フィンガープリント

「Fuzzy discriminant analysis in fuzzy groups」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル