Highly enantioselective catalytic isopropenylation of aldehydes using diisopropenylzinc

Takanori Shibata*, Kazuhiro Nakatsui, Kenso Soai

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

31 被引用数 (Scopus)

抄録

Diisopropenylzinc adds highly enantioselectively to various aldehydes in the presence of a catalytic amount of chiral amino alcohols to give enantiomerically enriched allyl alkanols with up to 92% e.e.

本文言語English
ページ(範囲)33-36
ページ数4
ジャーナルInorganica Chimica Acta
296
1
DOI
出版ステータスPublished - 1999 12月 15
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 物理化学および理論化学
  • 無機化学
  • 材料化学

フィンガープリント

「Highly enantioselective catalytic isopropenylation of aldehydes using diisopropenylzinc」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル