Highly stable polyphenylene ionomer membranes from dichlorobiphenyls

Keisuke Shiino, Junpei Miyake, Kenji Miyatake*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

10 被引用数 (Scopus)

抄録

A simple, cost-effective synthetic strategy for highly stable, proton conductive polyphenylene membranes is reported. The title polyphenylene ionomer (SPP-BP) is easily prepared from dichlorobenzenesulfonic acid and dichlorobiphenyls. The SPP-BP membrane with an optimized m-biphenylene/p-biphenylene ratio (i.e., 4: 1) for a hydrophobic moiety exhibits outstanding chemical stability as well as high proton conductivity.

本文言語English
ページ(範囲)7073-7076
ページ数4
ジャーナルChemical Communications
55
49
DOI
出版ステータスPublished - 2019
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Highly stable polyphenylene ionomer membranes from dichlorobiphenyls」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル