Hydrolytically stable polyimide ionomer for fuel cell applications

Naoki Asano, Kenji Miyatake, Masahiro Watanabe*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

139 被引用数 (Scopus)

抄録

Novel sulfonated polyimide ionomer-containing aliphatic groups both in the main chain and in the side chains exhibit high proton conductivity of 0.2 S cm-1 at 140 °C without being hydrolyzed for more than several hundred hours under severe humidified conditions.

本文言語English
ページ(範囲)2841-2843
ページ数3
ジャーナルChemistry of Materials
16
15
DOI
出版ステータスPublished - 2004 7月 27
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 化学 (全般)
  • 化学工学(全般)
  • 材料化学

フィンガープリント

「Hydrolytically stable polyimide ionomer for fuel cell applications」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル