Osteoclast-forming suppressive compounds from Makomotake, Zizania latifolia infected with Ustilago esculenta

Hirokazu Kawagishi*, Kuniyoshi Hota, Kikuko Masuda, Kohji Yamaguchi, Kazunaga Yazawa, Kanako Shibata, Naoaki Uzuka, Yoshiharu Matahira

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

18 被引用数 (Scopus)

抄録

A novel compound (1) and a known one (2) were isolated from Makomotake, Zizania latifolia infected with Ustilago esculenta, as osteoclast-forming suppressive substances.

本文言語English
ページ(範囲)2800-2802
ページ数3
ジャーナルBioscience, Biotechnology and Biochemistry
70
11
DOI
出版ステータスPublished - 2006
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • バイオエンジニアリング
  • バイオテクノロジー
  • 生化学
  • 生化学、遺伝学、分子生物学(全般)
  • 化学(その他)
  • 応用微生物学とバイオテクノロジー
  • 食品科学

フィンガープリント

「Osteoclast-forming suppressive compounds from Makomotake, Zizania latifolia infected with Ustilago esculenta」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル