Possible refractory site on LPS-induced interleukin 1 production in C3H/HEJ peritoneal macrophages.

M. Nakano*, Y. Terada, H. Matsumura, H. Shinomiya

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

4 被引用数 (Scopus)
本文言語English
ページ(範囲)347-359
ページ数13
ジャーナルAdvances in experimental medicine and biology
256
DOI
出版ステータスPublished - 1990
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 生化学、遺伝学、分子生物学(全般)

引用スタイル