PPARα is a potential therapeutic target of drugs to treat circadian rhythm sleep disorders

Hidenori Shirai, Katsutaka Oishi, Takashi Kudo, Shigenobu Shibata, Norio Ishida*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

56 被引用数 (Scopus)

フィンガープリント

「PPARα is a potential therapeutic target of drugs to treat circadian rhythm sleep disorders」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

Medicine & Life Sciences

Chemical Compounds