Rostral mesencephalic reticulotomy for pain relief with reference to electrode trajectory and clinical results [proceedings]

K. Amano*, H. Iseki, M. Notani, H. Kawabatake, T. Tanikawa, T. Miyazaki, H. Kawamura, K. Kitamura

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

1 被引用数 (Scopus)
本文言語English
ページ(範囲)316-317
ページ数2
ジャーナルApplied Neurophysiology
42
5
出版ステータスPublished - 1979
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 臨床神経学

引用スタイル