Studies on catalytic asymmetric Nozaki-Hiyama propargylation

Masahiro Inoue, Masahisa Nakada*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

99 被引用数 (Scopus)

抄録

(Equation Presented) Catalytic asymmetric Nozaki-Hiyama propargylation with ligand 1c proceeds with good to excellent enantioselectivity. Tuning of ligand 1 dramatically changes the enantioselectivity, and we propose models A and B to explain the change and outcome of the enantioselectivity.

本文言語English
ページ(範囲)2977-2980
ページ数4
ジャーナルOrganic Letters
6
17
DOI
出版ステータスPublished - 2004 8月 19

ASJC Scopus subject areas

  • 生化学
  • 物理化学および理論化学
  • 有機化学

フィンガープリント

「Studies on catalytic asymmetric Nozaki-Hiyama propargylation」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル