Successive projection with B-spline

Yuki Ueda*, Norikazu Saito

*この研究の対応する著者

研究成果: Chapter

抄録

Space-time finite element methods often construct the approximate solution by time discontinuous Galerkin methods. Successive projection technique (SPT) with B-spline functions allows us to convert this approximate solution into time-continuous representation. We present the stability and error estimate of SPT.

本文言語English
ホスト出版物のタイトルInformation Technology
ホスト出版物のサブタイトルNew Generations - 13th International Conference on Information Technology
編集者Shahram Latifi
出版社Springer Verlag
ページ917-928
ページ数12
ISBN(印刷版)9783319324661
DOI
出版ステータスPublished - 2016 4月 1
外部発表はい

出版物シリーズ

名前Advances in Intelligent Systems and Computing
448
ISSN(印刷版)2194-5357

ASJC Scopus subject areas

  • 制御およびシステム工学
  • コンピュータ サイエンス(全般)

フィンガープリント

「Successive projection with B-spline」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル