Synthesis of a stable 1,2-bis(ferrocenyl)diphosphene

Takahiro Sasamori*, Michiyasu Sakagami, Masatoshi Niwa, Heisuke Sakai, Yukio Furukawa, Norihiro Tokitoh

*この研究の対応する著者

研究成果査読

17 被引用数 (Scopus)

抄録

The synthesis and characterization of a stable 1,2-bis(ferrocenyl)diphosphene, wherein a P=P π-bond connects two ferrocenyl units will be reported. This represents an unprecedented example for a d–π electron system containing a heavier pnictogen π-spacer group. Stabilization of the highly reactive P=P π-bond was achieved by steric protection using two bulky ferrocenyl moieties.

本文言語English
ページ(範囲)8562-8564
ページ数3
ジャーナルChemical Communications
48
68
DOI
出版ステータスPublished - 2012 7 30

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Synthesis of a stable 1,2-bis(ferrocenyl)diphosphene」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル