Two site genetic incorporation of varying length polyethylene glycol into the backbone of one peptide

Qingmin Zang, Seiichi Tada, Takanori Uzawa, Daisuke Kiga, Masayuki Yamamura, Yoshihiro Ito*

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

5 被引用数 (Scopus)

抄録

Polyethylene glycol (PEG) of different lengths was genetically incorporated into the backbone of a polypeptide using stop-anticodon and frameshift anticodon-containing tRNAs, which were acylated with PEG-containing amino acids.

本文言語English
ページ(範囲)14385-14388
ページ数4
ジャーナルChemical Communications
51
76
DOI
出版ステータスPublished - 2015 7 31
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Two site genetic incorporation of varying length polyethylene glycol into the backbone of one peptide」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル