Upper Bound on Privacy-Utility Tradeoff Allowing Positive Excess Distortion Probability

Shota Saito*, Toshiyasu Matsushima

*この研究の対応する著者

研究成果: Article査読

抄録

This letter investigates the information-theoretic privacyutility tradeoff. We analyze the minimum information leakage (f -leakage) under the utility constraint that the excess distortion probability is allowed up to ∈ ∈ [0; 1]. The derived upper bound is characterized by the ∈-cutoff random transformation and a distortion ball.

本文言語English
ページ(範囲)425-427
ページ数3
ジャーナルIEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences
E105A
3
DOI
出版ステータスPublished - 2022

ASJC Scopus subject areas

  • 信号処理
  • コンピュータ グラフィックスおよびコンピュータ支援設計
  • 電子工学および電気工学
  • 応用数学

フィンガープリント

「Upper Bound on Privacy-Utility Tradeoff Allowing Positive Excess Distortion Probability」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル